2015年09月07日

9月になりました

ご無沙汰してました。9月になりましたね。
夏休みが終わり、子供が幼稚園に行くようになって、ようやく以前の生活ペースに戻りつつあります。
はー、やっぱり子供がずーっと家にいるっていうのは、にぎやかではあるけど、疲れるなーたらーっ(汗)

「Spiral」のオーラスから2週間以上も経ってしまったんだなぁ…。
早いもので、日付が変わってしまったから、明日はもう「SHOCK」大阪公演の初日なんですね。
私は未だにコンサートから抜け出せずにいるのに…。
限界を超えても立ちあがる、あの日の光一くんの姿が、心に焼き付いて離れない。
もちろん「SHOCK」は楽しみではあるけれど。こういう気持ちで初日を迎えるのは初めてかもしれない。
光一くんは前を向いて進んでいるんだろうな。
それはもちろん当たり前なんだけど。そうでなきゃいけないし。
でも……寂しいなぁ〜。

今月の「日経エンタ」を読んで。
「SHOCK」公演中の光一くんの過酷さを改めて知りました。
「公演中は食事をとるのもツライ」と言っていたのは知ってたけど、サプリだけのときもあるなんて…。
そして、それさえも飲み下すのがツライこともあるって……!!
…これって、「『SHOCK』はハードな舞台」とか「全身全霊で臨む」なんて、そんな言葉で表現できる状態をとうに超えているんでは??
まさに、命懸け、っていうのが当てはまるんじゃ!?
もう何年も公演中はそういう状態を過ごしてるんだよね…。
「SHOCK」を演じるのに、かなり無理をしているんだろうな…と分かってはいたけれど、改めて、胸を突かれた気がしました。
以前、何かの記事に(BDのパンフだったかな?)、「もし他の人が「Endless SHOCK」を演じることになったら…」みたいなことが書いてあったけど、そんなことは絶対無理。
「SHOCK」は「堂本光一」にしか演じられない。
光一くんの「SHOCK」に懸ける想いと情熱があってこそ、あの舞台は成立してるんだから。
今回の記事を読んで、このまま「SHOCK」を続けてていいのかな…ってちょっと思ってしまいました。
求められれば求められるだけ、自分に無理をして、それに応えようとしてしまう人だから…。
光一くんは、制作スタッフには恵まれてるみたいだけど、体調の心配をしてくれるスタッフはあんまり周囲にいないように思えるからなぁ。
私は単なる「ファン」なので、なるべくそういうことを考えないようにしていたけど。
光一くんの創り出すエンターテインメントを、これからもずっと見続けていきたいから…、だからこそ、このままでいいのかなって。
でも、「SHOCK」は好きだし、大阪公演もすごく楽しみにしてるんですよー。


拍手ありがとうございました。

posted by 明日香 at 02:24 | Comment(0) | 堂本光一