2017年07月28日

「夜会」と「未満都市」

さっきまで、「夜会」観てました。
…初めて観たよ、この番組。
光一くんってやっぱり素敵な人だなって改めて思えた。
気遣いや気配りが自然にできる人ってなかなかいない。
ロケの企画はなんだかなぁと思うことあったけど…。
「中途半端に大人ぶる子供」より、「ちゃんとした大人」の方が全然かっこいいよ。
そうそう、ビックリしたのは、光一くんが女子高生に手を振っていたこと!
多忙な中、苦手なロケ。笑顔を絶やさず、本当にお疲れ様(涙)。
チョコリスタ、私も買ってみようかな?


「未満都市」のことでもちらっと書こうかな。
このドラマ、20年前は私は観ていなかったので、「復活する」ってことを聞いても、あまり興味が湧かなかった。
まぁ、当時やってたときも、「ジャニーズだらけのドラマ」っていうイメージ持ってて、観る気しなかったから。
だから、ストーリーはよくわからない部分が多かった。人間関係もよくわかんないし。
あー、でもね、これは言いたい。
ラスボスと対決するのは、主人公じゃないとダメでしょー!
なんで「友情出演」の人がクライマックス持ってっちゃうの〜!
おまけにそのラスボスも、やけにあっさり引いちゃうし。
え、これで終わり!?って思ったもん。
あと、小ネタ満載でしたね。堤監督って、あーいう小ネタ好きだよね…。

光一くんのファンとしては、久しぶりに光一くんの演技が見れて嬉しかった。
光一くんは、やっぱり舞台経験が長いから、声の出し方が特徴あるよね。
藤原竜也さんなんかもそうだけど…。声優さんにも通じるものがある。
光一くんの声は艶があって、すごくいい声。好き。
今回の役は光一くんに合ってましたね。
真っ直ぐで、正義感があって。リーダー気質。
思ったけど、光一くんは「心の葛藤」を表現するのがとても上手い。
コウイチしかり、氷室警視しかり。
過去の自分と、理想とする大人になってない自分との間でもがき、葛藤する様子は、とても良かった。
序盤にあった、『…うるせーよ』。
この台詞の言い方が絶品!!クラッときました(笑)。
どの衣装も似合ってて素敵でした。またドラマやってねー♪


これで20周年もすべて終わりましたね。
予想もしない出来事が起こりましたが、無事に終わって良かったです。
光一くんなら必ずやり遂げると思っていたけど、やるせなくて、せつなかったな…。
今回、テレビでたくさん光一くんが見れて嬉しかったですが、やっぱり気持ちは複雑でした。
本当に本当にお疲れ様でした。SHOCKの稽古まで、少しは休めるといいね。
あなたの優しさと強さが、どうかこれから報われますように…。

大阪で、今度はコウイチに逢えるのを楽しみに待ってます。


posted by 明日香 at 02:35 | Comment(0) | 堂本光一