2009年11月18日

自分らしくあれる場所

話題が若干、遅れていますが、「少年倶楽部プレミアム」観ました。

短い時間ながら、充実した、満足できる内容でした。
久しぶりに光一くんを見た気持ちになりましたよ。
レギュラー番組で一応毎週見てはいるけどね。でも…、あんなに目をキラキラと輝かせた光一くんは見れないから。

コンサートをするにあたって、
「独りよがりになってしまっては絶対に楽しくない」
「お客様が観に来るというのが大前提」
「その中でどうお客様を楽しませようかというのが一番大事なこと」

実に光一くんらしい言葉ですね。
どのステージに立つにも、いつもこの気持ちでいるんだろうな。
「信念」のようなもの。光一くんのステージを観れば、この言葉に全く偽りがないことが分かります。
だから…、コンサートを観て「悲しくなる」「行って後悔した」と思うお客さんがいることは、光一くんにとってはものすごく悔しくて悲しくて、不本意なことなんだろうな…。

「.image」は、世界に27台しかない最新鋭の立体照明で、このソロコンが世界初使用だったそうですけど、ソロコンでそのことについて全く触れなかったことがまた、光一くんらしいなぁと思いました。
普通だったら、そんなすごいもの世界初使用で公開できるなんて、自慢したくなっちゃうところだけどね。それをしないのが光一くんなんですよね。
「すごい」ということを口で語るものじゃない、ひとりひとりの中で感じてもらうことが大事だと思ってたんじゃないのかな。
あんな少しの映像でも、あのときの感動が蘇って、気持ちがタイムスリップしちゃいました。じわ〜ってなっちゃって。感激。
あぁ、DVDが早く欲しい〜!!

短いインタだったけど、光一くんがステージについて語っているのを見れたことがすごく嬉しかった。
雑誌などで文字として読んではいるけど、実際に話しているのを見れるのは貴重だから。
穏やかながら、胸に秘めた熱い情熱をすごく感じられて。来年のソロコンへの期待がますます高まりました(^^)

そうそう、大事なことを書き忘れるとこでした。
今回のインタで私が最も嬉しかったこと。

「(ソロコンとは、)いちばん自分らしくあれる場所」

またその場所で逢えるのを、楽しみに待ってます!


いつもたくさんの拍手をありがとうございます。



posted by 明日香 at 02:17 | Comment(0) | 堂本光一
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: