2009年11月30日

もうすぐ師走

ブログを書くのが久しぶりのような気がする。
はぁ〜、月日が経つのが近頃ものすごく早い…。

光一くんネタがあまりなくて寂しいですね。
あ、「Look at STAR!」は見ました。立ち読みだけど…(^^ゞ
会見の記事1Pだったけど、写真がよかったなー。「BEST STAGE」も見てこなきゃ…。
そろそろ舞台雑誌に「SHOCK」が載る時期になりますね。

アルバムが発売になってコンサートがあって、今年いっぱいはグループ活動だし。アルバムっていつ発売なのか知らないんだけど(苦笑)。
もうすぐ年末の音楽番組特番で「今」の光一くんが見れるかな?
でも毎年ああいう特番ってビミョーな気が…。特に「FNS」。生放送な上にムダに長い。なんであの番組が毎年あんなに視聴率いいのか不思議。
そういえば、「FNS」のプロデューサーってあの人でしたっけ?やっぱり私には合わないのかも。
2006年はソロでの出演もあったけけど(「FNS」はなかったけど)、今年は…?
「妖〜あやかし〜」また観たいなぁ。


このあいだ「なばなの里 ウインターイルミネーション」に行ってきました。
ここは東海地方屈指のイルミネーションスポットです。
今年のテーマは「オーロラ」。素晴らしかった〜。幻想的な世界。
まさに「冬の華」です。
「Spica」を思い出しちゃったりして…。

オーロラ
P1000522.JPG  P1000524.JPG

光の回廊
P1000520.JPG

冬ほたる
P1000529.JPG

名古屋駅のタワーズライツも見てきました。
P1000535.JPG


いつもたくさんの拍手をありがとうございます。
メッセージをくださった方、お返事は↓に。
遅くなりましてすみません。





>光ちゃん命さん
「銀狼」は光一くんドラマの中で人気高いんじゃないでしょうか。可愛い部分とクールな部分、両方の光一くんが見れるおいしいドラマでしたね。
「ハルモニア」は綺麗なドラマでしたね。ストーリーも映像も。当時賛否両論だったんですか?私はレンタルで1回しか観てないので、だいぶ記憶が薄れてきていて。また是非観たいドラマです。
>心のきれいなのが顔にも表れている
私もそう思います。内面が顔に表れる、ってああいうことを言うんだなぁと思ってます。

>22日22:30にメッセージをくださった方へ
「天使が消えた街」は、放送されていた当時、かなりハマってたドラマでした。その頃は全然光一くんファンじゃなかったですけど。
ただ、あの最終回はどうしても納得がいかなくて、それが今でも残念です。
達郎役は、実際の光一くんとは正反対の環境にある役でしたけど、不幸な環境で育った達郎の中にある悲しみや翳りをうまく表現していたと思います。やっぱり光一くんには哀愁が漂う役柄が似合います。
22:30さんの光一くんの演技の見解、興味深く読みました。
「全く違う人なのにそう思わせる」、すごく納得です。光一くんの演技は演技というか…その人物が憑依したかのような気がするんですよね。
一時期、すごく「舞台演技」になってしまっていたのが気になりましたが、「スシ王子」のときはそうでもなくなっていたので。ドラマ、ぜひまたやって欲しいです!

>aiさん
はじめまして。
そうですね〜。今の光一くんには年齢を重ねた「今」だからこそある「妖しい美しさ」があると私も思ってます。「今」がいちばん素敵な人だとも。
ファンと言ってもひとりひとり思うことは違うと分かってはいますし、否定はしませんけれども、そんな風に思う方もいるんだな〜とちょっと寂しかったですね。

>nanaさん
光一くんはジャニーさんからも一度も褒められたことがない、と言ってましたよね。だから昔からあまり褒められることがないんでしょうね。今はそんなことないですけど、以前の光一くんは自信なさげな感じに私も見えました。
冷静な意見を言うのはいいことだとは思いますが…。光一くんは褒められても自信過剰になったり、天狗になったりする人じゃないですから、厳しいことを言ったとしても、それからその倍くらい褒めても足りないんじゃないかと私なんかは思ったりするんですけどね。
現在の光一くんは本当に「いい顔」をしていると私も思います。ソロコンでのあの美しさは、ステージでの充実感が表れていたんだろうなぁと思います。







posted by 明日香 at 00:15 | Comment(0) | 堂本光一
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: